二十四節気「寒露」寒さ強まる秋到来!

10月8日は二十四節気の「寒露」です。

秋の長雨も落ち着き、本格的な秋がやってきます。露が冷たい空気と接し、霜がみられるようになるのもあと少しでしょうか。紅葉が濃くなりはじめ、風景が色鮮やかになりますね。空気が澄んだ秋晴れの季節です。空気が乾燥し、澄んだ夜空は月がはっきりと見えるようになります気分転換に夜空を見上げてみるのも良いですね。

夜は20℃を下回り、冷え込むようになってきました。空気が乾燥し始めるため、風邪を引きやすくなります。理想の湿度は50~60%です。暖房を使う時は加湿器などを使用して湿度を快適に保ちましょう。

身体を暖めるポイント

寒くなってきたときの冷え対策、靴下や手袋、腹巻、ホッカイロなど様々なものがありますが効果的に温めるなら背中です。心臓から出た大動脈は背中を経由して腹部に到達するため、背中を温めると全身が温まります。冷え性や、背中に悪寒を感じる時は背中を温めて血行を良くしましょう。

温めポイント1 肩甲骨

肩甲骨の間には太い血管が通っているため、温めると全身の血行が良くなります。寒くなることで肩こりなど症状を感じた場合、原因は冷えによる血流の滞りが考えられます。入浴をすると全身が温まり効果的ですが、もっと手軽にやる場合はホッカイロや蒸しタオルなどを使用しましょう。

温めポイント2 仙骨

生理痛、腰痛の緩和に効果的です。仙骨には八りょう穴(はちりょうけつ)というツボがあり、血行を良くして冷えを解消してくれます。

注意点

せっかく温めても、汗をかいて身体を冷やしてしまっては風邪を引いてしまいます。また汗をかいた分だけ水分補給をしないと、水分不足になり危険です。ホッカイロやこたつなどによる温め過ぎは低温火傷になる危険性や、血管や筋肉に負担をかけてしまう場合もあります。免疫機能や治癒力の低下にもつながってしまう可能性がありますので、気をつけましょう。

背中の冷え対策にインナーベスト

<インナーベスト>

【サイズ】縦約58cm×横約35cm

【詰めもの】シルクフィル100%(富岡シルク100%のわた)

【側地】綿100%

【日本製】

【販売価格】9,720円(税込)

【送料無料】

【ギフト包装無料】

おじいちゃん、おばあちゃんへの贈り物に最適なインナーベスト。睡眠時の背中の冷えを防ぎます。詰めものに希少な富岡シルクを100%使用した贅沢な品です。シルクは細い繊維が重なり合っているため、薄くて、軽くてもぽかぽかあたたかです。シルクのタンパク質の組成は、人の皮膚の組成と酷似しており敏感肌の人でも安心してご使用いただけます。吸湿性・放湿性に優れており、綿の1.5倍と言われています。静電気が起こりにくいためホコリやチリを寄せ付けず、天然の消臭効果があるため清潔で衛生的です。

身体に負担のかからない方法で背中を温めて、これからの冷え対策をしましょう!!

Follow me!

二十四節気「寒露」寒さ強まる秋到来!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。