寝つきを良くするためのコツ!

人間は自律神経によって心身の状態がコントロールされています。

交感神経が優位になっているとアクティブな状態になり、副交感神経が優位になるとリラックスした状態になります。このバランスが乱れると内臓機能の低下や、ホルモンバランスが崩れてしまうため、心身に不調が現れ病気にかかりやすくなってしまいます。自律神経のバランスを整えるために、質の良い眠りが重要になってきます。

質の良い眠りをとるためには、寝つきが重要なポイントです。

入浴方法を工夫する

人は眠る時に、体温が下がることで眠気を感じます。そこで、身体をしっかりを入浴で温めることで眠りやすくなります。お風呂の温度は少しぬるめの40℃にし、10~15分は浸かるようにしましょう。温まった状態ですぐにふとんに入ると、身体が冷えることができず余計に目が覚めてしまいます。お風呂に入ったら身体を冷ます時間が必要になりますので、入浴は寝る30分前には終えるようにしましょう。

寝る前に携帯電話、スマートフォン、タブレット画面を見ない

画面から出ている強い光は脳を活性化させてしまい、寝つきが悪くなってしまいます。

朝起きたら太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びることで体内時計をリセットし、夜に自然と眠くなります。

睡眠環境を整える

光が目に入ると、脳が刺激されて寝つきが悪くなってしまいます。遮光カーテンを使い、眠る時の寝室はなるべく暗くしましょう。部屋の室温やふとんが冷たいと眠気が覚めてしまいます。暖房のつけっぱなしは乾燥で睡眠の質を低下させてしまいますので、タイマーをセットして部屋を暖めておきましょう。

眠れないことを気にしすぎない

眠れないことにイライラしたり不安を感じてしまうとストレスになり、ますます眠れなくなってしまいます。多少眠る時間が遅くなっても大丈夫。深呼吸をしてリラックスをしましょう。一度ふとんから出て、ホットミルクを飲んでみたり、快眠音楽やアロマを使ってみてもいいですね。

秋は気候もよく、眠りやすい季節です。ぐっすり眠って健康を保ちましょう。

Follow me!

寝つきを良くするためのコツ!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。