映画「紅い襷(たすき)」ついに公開!

群馬県富岡市にある「富岡製糸場」が世界遺産に登録されてから早3年が経ちました。

これを記念して製作されているのが映画「紅い襷(あかいたすき)」です。

脚本は松井 香奈さんがされています。2016年10月に公開された映画「少女」(原作:湊かなえ)も松井さんの脚本です。2012年に角川書店主催 イーハトーブ脚本賞 最優秀賞を受賞ほか、数々の賞を受賞されています。

富岡製糸場で働いていた一等工女の和田英さんが書かれた「富岡日記」をベースにして描かれた、ドキュメントとドラマの融合した劇場映画になっているそうです。明治初期、日本の輸出の70%は「生糸」でした。この生産を支えていた女性たちの活躍を、映画館の迫力ある画面でぜひご覧ください。

東京での公開は12月2日(土)からとなっていますが、群馬県では10月7日(土)に舞台挨拶があり、先行上映されています!!

劇場上映

  • けやきウォーク前橋内「ユナイテッド・シネマ前橋」
  • イオンモール高崎内「イオンシネマ高崎」

上映初日は満席。期待の高まる作品ですね。

映画の舞台となっている富岡製糸場では、紅い襷展が開催中です。群馬にお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

Follow me!

映画「紅い襷(たすき)」ついに公開!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。