神前結婚記念日

1900年(明治33年)、東京の新宮奉斎会本院(現在の東京大神宮)が結婚式のPRを始めました。

この年の5月10日に「皇室御婚礼」が発布され、皇太子さま(のちの大正天皇)の御婚儀が初めて宮中賢所大前で行われました。このことから、国民の間にも神前で結婚式をしたいという声が増え、新聞記者や大臣を招いて模擬結婚式をするなどのPR活動が行われました。

昔は結婚式というものはなく、「道具入れ・嫁入り・祝言」の3つの行事を合わせて結婚儀礼としていました。花嫁道具を運び入れ、花嫁が新郎の家に移動し、家に親戚縁者をもてなしてお披露目会をするという、家庭で行われるものだったそうです。

嫁入り道具の内容は地域によって異なるようですが、箪笥、鏡台、喪服、着物、食器、寝具などが一般的なようです。昔は煌びやかで豪華なほど良いとされていましたが、現在では実用的なものを選ぶ方のが多いようです。

寝具は体と心を休める重要なものです。良いものを選びたいですよね。

<ふとん一式特別セットBセット>

  • ウール掛けふとん
  • 5つ折羊毛敷きふとん
  • 球状ウール枕

【サイズ】シングルサイズ

【側地】綿100%

【日本製】

【販売価格】24,840円(税込)

【送料無料】

中わたはウール100%。お客様用のふとんとしても便利なふとんセットです。コンパクトでも寝心地は本格派!!

天然素材のウールで、健康的な睡眠をお楽しみください。

Follow me!

神前結婚記念日” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。