生地の織り方⑥

「サテン」

織物組織(または織組織)の名称で、朱子織や繻子織とも言います。

たて糸かよこ糸のうち一方の糸を布の一面に長く浮かせ、たて糸、よこ糸の交わる点をできるだけ離し配置した組織の織物です。綿、羊毛、合成繊維などすべての素材(糸の種類)でサテンは織ることができます。手触りが良く、柔らかな光沢が特徴で、コートなどの裏地や、ドレスなどにも用いられています。

Follow me!

生地の織り方⑥” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。