生地の織り方②

「ボイル」

細い強撚糸(ボイル糸)を使用した平織り生地。目が粗く、軽くて透けており、麻織物の風合いにも似ています。通気性が有り、清涼感があるので、夏用の婦人服や子供服、カーテンなどにも使われます。

たて糸、よこ糸の撚り方向を逆にするのが特徴です。たて糸・よこ糸の両方に双糸を使用したものを本ボイル、よこ糸に単糸を使用したものを半ボイルといいます。

細い糸ですが耐久性があるので、ほどよい透け感が良い生地です。

Follow me!

生地の織り方②” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。