生地の織り方①

「ブロード」

たて糸とよこ糸に同じ太さの糸を使用して、よこ密度に比べて、たて密度を1.5倍~2倍にした緻密な平織り。

表面になめらかな光沢があり、高い番手になるほど光沢が増します。

もともとは絹と毛の交織物でしたが、現在は綿織物が多く、毛、絹、ポリエステルなどでもつくられています。

アメリカではブロードクロス、イギリスではポプリンと呼ばれており、主にシャツなどに最適な生地とされています。

男性用のビジネスシャツは、この織り方のものが多いようです。

Follow me!

生地の織り方①” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。