二十四節気「白露」秋の夜に、肌に優しい肌掛け布団

2017年9月7日は二十四節気の「白露(はくろ)」です。

夜の大気の冷え込みで草木に朝露が宿る頃です。2018年は9月8日(土)になります。この季節は大気が不安定になりやすく雨が降る日が多くなります。9月中旬から10月中旬にかけて日本の南岸沿いに停滞する秋雨前線による被害に注意が必要です。

夏の暑さも少しずつ収まり始め、朝晩は20度を下回るようになり、肌寒く感じるようになりました。

そろそろ夏布団の他に1枚、肌掛け布団を用意しておくとよさそうです。オススメは吸湿性に優れたテンセルの肌掛け布団です。

大好評中わた100% テンセルケット「CELEVIE」

【サイズ】

140cm×200cm(シングル(S)) 25,920円(税込)

150cm×210cm(シングルロング(SL)) 29,160円(税込)

【詰めもの】再生繊維テンセル™ 100%

【側地】再生繊維テンセル™ 80%

    ポリエステル15%

    綿5%

【日本製】

【送料無料】

【ギフト包装無料】

【特注サイズ承ります】

吸湿性に優れたテンセルは、サラッとした快適な寝心地を保ってくれます。植物由来の繊維のため、動物性の繊維が苦手な方にもオススメです。

クシュクシュとしたなめらかな触り心地と、ふんわりとしたやわらかな”わた”の感触はクセになります。テンセルは吸湿性、放湿性に優れているため布団の中がジメジメとせず、快適な睡眠をお楽しみいただけます。滑らかな肌沿いの肌掛け布団です。

ふわふわの布団で、上質な睡眠をぜひお試しください。

Follow me!

二十四節気「白露」秋の夜に、肌に優しい肌掛け布団” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。