七五三

11月15日(火)は「七五三」です。

起源は室町時代といわれており、江戸時代の武家社会を中心に関東から全国へと広がりました。当時は乳幼児の死亡率が高く、生まれて3~4年してから現在の戸籍にあたるものに登録をしていました。

七五三のお祝いは無事に成長したことへの感謝と、少年・少女期への節目にこれからの将来と長寿を願う意味が込められています。

年齢にも意味があります。

●3歳 … 髪置の儀

 生後7日目から3歳までは産毛を剃り坊主で過ごしますが、男女とも髪を伸ばしはじめます

●5歳 … 袴着の儀

 男児が、男の衣服である袴を着るようになります

●7歳 … 帯解の儀

 女の子が子供用の帯紐から、大人と同じ着物や帯を着つけるようになります

地域によっては、男の子は5歳だけ、女の子は3歳と7歳というところもあります。

お参りは本来地元の神社で行うものです。その土地に祀られている氏神様に、子供が健康に育つように御祈祷します。

子供の頃の七五三の思い出は、華やかな晴れ着と千歳飴です(笑)千歳飴は子供の長寿を願い、粘り強く細く長い形状で、縁起の良い紅白となっています。お福分けとして歳の数だけ袋に入れ、親戚やご近所に配る習慣もあるそうです。

子供のお祝いを共有して、思い出に残る1日をお過ごしください。

Follow me!

七五三” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。