あったまる入浴方法

気温が寒くなってくると、あったかいお風呂に入りたくなりますよね。

体の芯までしっかりと温まるには、お風呂のお湯はちょっとぬるめな40℃にしましょう。血液の循環をよくするために、10~15分浸かるのがポイントです。熱いお湯でも入浴直後はポカポカしていますが、表面だけが温められている状態のためあっという間に足先から冷えていってしまいます。

冬のお風呂で気をつけたいのがヒートショックです。急激な温度変化によって血圧が大きく変動することで、心筋梗塞や脳卒中などの危険があります。家庭内でご高齢の方が死亡する原因の第4位となっており、浴槽内溺死の最大の原因と考えられています。

リビングから浴室までの通路と、浴室の温度差を少なくなるようにしましょう。

しっかり温まった後の体は、湯冷めと共に自然な眠りを誘います。眠る前に入る場合は、体を冷ます時間が必要になりますので30分前までに済ませるようにしましょう。すぐにふとんに入ってしまうと、ほてった体を冷ますことができず余計に寝付けなくなってしまいます。

睡眠は体を健康に保つ重要な活動です!!効果的な入浴方法で、冬でも良い快眠を楽しみましょう。

Follow me!

あったまる入浴方法” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。