赤ちゃんの秋の寝具

秋になり、朝晩は気温も20℃を下回り空気が冷え込み始めました。

ベビー用のふとんは大人用のふとんと比べると薄く軽いので、冷えて風邪を引いてしまわないか心配になりますよね。手足をバタバタ動かしたり、ごろごろ元気に寝返りをしたり、掛けふとんを蹴り飛ばしてしまうこともままあります。これからもっと寒くなってきますので、赤ちゃんに合ったふとんを用意してあげましょう。

注意点

赤ちゃんは新陳代謝が活発で、大人よりも汗っかきです。体温も大人より高く、平熱は37℃前後あります。ふとんは汗をよく吸い、通気性の良いものにしてあげましょう。また、皮膚は薄くかぶれやすいため敏感肌に優しい天然素材の側地がオススメです。

一緒に添い寝をしているご家庭もいらっしゃると思いますが、大人用の掛けふとんで赤ちゃんと寝るのは危険です!!大人用のふとんは赤ちゃんには重く、顔にかかってしまうと自分ではらいのけることはできません。窒息の恐れがありますので、ベビーふとんを使用するようにしましょう。

<群馬県産シルクベビーふとんセット>

寝ている時の赤ちゃんの服装は、肌着、パジャマの2点。足の裏はたくさん汗をかくので、靴下は脱がせましょう。それだけでは寒いと泣くようでしたら、スリーパーや、足元に湯たんぽやあんかを入れてあげましょう。湯たんぽやあんかはタオルなどでくるみ、直接触れてやけどしないようにしましょう。

大人と同じ感覚でふとんを掛けてしまうと暑すぎたり、ふとんが重すぎたりしてしまいますので、赤ちゃんに合った快適な睡眠環境を整えてあげましょう。

Follow me!

赤ちゃんの秋の寝具” に対して6件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。

前の記事

体育の日

次の記事

十三夜