寝具のお手入れ 干し方

毎日使う寝具は、健康のためにも衛生面には気をつけたいですよね。

シーツ・カバー類はこまめに洗うようにしましょう。人は寝ている時に、1日コップ1杯分の汗をかくといわれています。使った後の寝具は湿気をそのままこもらせてしまうと、ダニやカビの原因になってしまいます。

寝具の素材にもよりますが、天気の良い日に天日干しをするのがオススメです晴れ

天日干しの利点は

  • 寝具に吸収された湿気を乾燥させる⇒保湿性の回復
  • 中わたの繊維に含まれた空気を膨張させる⇒保温性が良くなる
  • 乾燥させて空気を含ませる⇒圧縮回復率の回復(ふわふわとしたふとんになる)
  • 日照による殺菌効果

があります。

ふとんを干すのに適した日は、天気の良い乾燥した日です。湿気の少ない午前10時~午後3時が適しています。雨天の翌日は晴れていても、蒸発した水蒸気が多く含まれているので避けた方がよいです。ふとんたたき等で強くたたきますと、中わたが切れてしまう可能性があります。軽く表面のほこりをはたく程度にし、気になるときはふとん掃除機をかけるようにしましょう。

中わたによって干す時間も変わってきます。

  • 綿…週に1~2回。太陽光が当たるようにする。片面2時間くらい。厚手の場合は3時間。
  • 合繊…週に1~2回。日陰に干す。片面1時間くらい。
  • 羊毛…週に1回。風通しがよければ陰干しでも良い。片面2時間くらい。
  • 羽毛…月に1~2回。カバーで覆い、風通しの良い日陰で干す。片面1時間くらい。
  • 真綿…月に1~2回。風通しの良い日陰に干す。

天日干しが難しい場合は、ふとん乾燥機の使用がオススメです。雨天が続く季節や、花粉症で外に干せない時、ふとん乾燥機を使えば湿気を取り除くことができます。ダニなどの雑菌の死滅にも効果が期待できますので、定期的にふとん掃除機をかけてダニの死骸も吸い取りましょう。

参考:寝具・寝装品のための性能測定マニュアル

発行:一般財団法人 日本ふとん協会

Follow me!

前の記事

十五夜