大相撲十一月場所千秋楽

順調に白星をあげ続けていた横綱白鵬関ですが、13日目に横綱日馬富士関、14日目に大関照ノ富士関との取組で黒星を連続しました。

後がない千秋楽は横綱鶴竜関との結びの一番、寄り切りで黒星を喫しました。

十一月場所優勝は横綱日馬富士関。

千秋楽の大関稀勢の里関との取組で星を落とすものの、2敗で逃げ切り優勝が決まりました。

日馬富士関の優勝は2年ぶり7回目。

千秋楽から一夜明けた会見では、「必ず復活したいという気持ちが強かった。久しぶりの優勝なので心も体もほっとしています。」

と喜びを語られました。

Follow me!

大相撲十一月場所千秋楽” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。