眠れる環境と寝具②

以前にアップしました国の睡眠指針にも記載がありましたが、寝る為の環境作りはとても大切です。静かな環境、暗い部屋は快眠には重要なポイントになります。

夜間の騒音は45~55db程度であっても、不眠や夜間の覚醒が増加することが示されています。生活音で例えますと、日常の人の話し声程度が55dbに近いのではないでしょうか。(個人差はあります。)


夜寝るときに明るい照明のままでいると、目からの光情報が交感神経を高め、覚醒度を上昇させます。寝る前の携帯やスマホ、タブレットなどの使用は寝つきを悪くしますので注意が必要です。

Follow me!

眠れる環境と寝具②” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。