眠れる環境と寝具①

寝床を快適な環境温度33℃湿度50%にするためには、寝室環境と寝具が重要です。

多くの家庭で使われるようになったクーラーは、夏場には欠かせないものとなってきました。しかし、つけたまま寝てしまうと、体を冷やしすぎて目が覚めてしまったり、乾燥しすぎて喉を痛めたりといったことはありませんか。

夜になると身体の産熱量は減少し、体温が下がり始めます。

体温は明け方まで下がり続け、目覚める準備をするために徐々に上がり始めます。そのため、室温を冷やしすぎると体調を崩す可能性があるのです。

夜寝るときにクーラーを使う場合、設定は28℃で、冷房にすると良いでしょう。また、直接風に当たらないよう気をつけましょう。

Follow me!

眠れる環境と寝具①” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。