さよならおかいこさん

「今日のおかいこさん最終日」

無事すべてのおかいこさんが綺麗な繭になりました。

大きく真っ白で、粒ぞろいです。

繭から出ている、毛羽(けば)を手で取り除きます。毛羽とは、足場用の糸のことです。

ふわふわとした真っ白のシルクですね。きれいになった繭は富岡市役所へと持っていきます。

他に繭をいただいた方の中で、丸三綿業は一番乗りだったそうです。

また、良質の繭ばかりとお声をいただきました!!

育てた人の愛が繭からもわかります。

今回育てたのは春に育てる「春蚕」です。蚕は長い間人間に飼い慣らされてきたため、幼虫はほとんど動かず、成虫は羽があっても飛べません。このため、人間が世話をしないと生きてゆくことができません。養蚕業の衰退は、蚕が生きていく術を失うことに繋がります…。

伝統と技術が後世へとつながるようにしていきたいですね。

Follow me!

さよならおかいこさん” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。