国産シルクの希少性

日本の繭生産量は、今から80年前、1930年(昭和5年)の40万トンをピークに減少しています。富岡製糸場のある群馬県においても、昭和43年に27,440トンあった繭生産量が、平成23年には89.7トンと、僅か0.3%まで減少しています。

衰退の原因に、海外からの低価格生糸や絹製品の流入、社会構造の変化に伴う後継者不足、和装から洋装へと変化したことによる絹需要の低下などが挙げられます。

丸三綿業は、富岡シルクブランド協議会に参加し、国産シルクにこだわりを持っております。国産であるという安全性は、自信をもってご提供できる製品へと繋がります。

シルクの価値は使ってこそ実感できます。丸三綿業のシルクふとんはホルマリン含有率0%。ホルマリン規制の厳しい赤ちゃんにもご使用いただけます。

シルク掛けふとん・敷きふとんセット

最高級の寝心地をお試しください。

出典:富岡シルクブランド協議会ホームページ

Follow me!

国産シルクの希少性” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。