意外と知らない、布団にも寿命がある!買い替えのタイミング

使っている布団の交換時期に悩んだことはありませんか?

家電製品のように使えなくなるということはないので、いつが買い替え時期なのか分からないという人は多いようです。布団の種類や使い方によって買い換え時期は変わります。布団クリーニングなどメンテナンスをしていればその分布団は長持ちしますよ。

布団の寿命

布団の寿命は素材や使い方によっても変わってきますので、何年ごとに交換とはなかなか言えませんが、

一般的に

  • 掛けふとん 5~10年
  • 敷きふとん 3~5年

と言われています。

使っていて、

  • 買った時よりほこりが出やすくなった
  • 厚みが薄くなった気がする
  • 使っていて寒い
  • 寝ていて体が痛くなるようになった

といった異常が出てきましたら、寝具の買い替えサインです。

ほこりは布団の中に入っている綿や羽毛が傷み、生地から出てきてしまっている可能性があります。そのままずっと使い続けていると、肩こり、腰痛など身体にも悪影響を及ぼしてしまいます。また、わたがへたり、厚みが薄くなった布団では床からの冷えを防ぐ役割を十分に果たせず、睡眠の質が低下しています。

寝不足は日中に集中力の低下、倦怠感、疲労感、強い眠気などを引き起こします。仕事や勉強の効率も下がり、事故を起こす危険性が上がってしまうため寝具の買い替えを検討しましょう。

枕の寿命

毎日枕を使っていると、頭を乗せている部分が次第にへたりちょうど良い高さを維持できなくなってきます。また、汗や皮脂などが付着しダニの温床にもなりやすくなっています。枕の素材や使い方にもよりますが、羽毛やわた、そばがらなどの天然素材の場合は2~3年が目安です。

枕を使っていて首や肩が痛くなるようでしたら枕が合わなくなっている可能性があります。自分の身体に合った枕に変えてみてはいかがでしょうか。

<球状ウール枕>

【サイズ】43cm×63cm

【詰めもの】ウール(球状ウール)100%

【日本製】

【販売価格】14,364円(税込)

【送料無料】

【ギフト包装無料】

球状ウール枕は5つのパーツを組み合わせているので、必要な部分に必要な量のノップス(球状ウール)をご自分で詰めて、高さを調節することができます。ご家庭でお洗濯もできるので、衛生的に使えます。

Follow me!

意外と知らない、布団にも寿命がある!買い替えのタイミング” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。