「飲み水の日」良い製品は綺麗な水から生まれます

6月6日は「飲み水の日」です。

1990年に東京都薬剤師会の公衆衛生委員会が中心となり制定されました。「薬だけでなく健康に関わり合いのあるものに貢献していくのが薬剤師の仕事」として、東京の水道水の水源として7割をまかなう利根川などの水質検査を行っています。

人間にとって水は欠かせない”命”の源、なくてはならないものです。飲料水などの身体に入るもの、お風呂など直接触れるものは特に良い水質のものが求められます。

水を使用する製品にも水はとても重要です。良い水を使用することで、より良い製品が作られるのです。丸三綿業の寝具作り使われている”わた”には、高崎市若田浄水場の上質の水が使われています。丸三綿業はわた作りから寝具に仕上げるまでを自社工場で行うちょっと珍しい会社です。その”わた”作りにも良い水は欠かせません。

若田浄水場は、全国でも珍しい緩速ろ過方式を採用しています。前処理に薬品等を使わず、自然の高低差でゆっくりと砂と微生物膜を利用して水をろ過しています。この方式の特徴は、自然の力を利用しているため動力費がほとんどかからず非常に良質の水ができることです。

この良質の水を使って”わた”を作り、高品質の寝具をご提供しております。

<テンセルケット>

【サイズ】140cm×200cm(シングル)

【詰めもの】指定外繊維テンセルⓇ100%

【側地】レーヨン80%・ ポリエステル15%・ 綿5%

【日本製】

【販売価格】16,200円(税込)

【送料無料】

【ギフト包装無料】

ユーカリを主原料とした植物由来のテンセルⓇは、肌に優しく、動物性の繊維が苦手な方にもオススメです。カラーはピンク、グリーン、クリームの3種類をご用意しました。クシュクシュとしたやわらかな肌触りと、なめらかな肌沿いはクセになる使い心地です。

ぜひお試しください。

Follow me!

「飲み水の日」良い製品は綺麗な水から生まれます” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。