ペットの防寒対策

風が冷たくなり、天気の良い日でも木陰は肌寒く日中でも上着が必要になってきました。

毛皮がある犬は人に比べると体温が高く小型犬で38.6~39.2℃ほど、大型犬で37.5~38.6℃ほどあり、寒さに耐性があると言われています。

しかし、すべての犬が寒さに強いわけではありません。個体差はありますが比較的寒さに強いと言われているのが、毛が長く、毛の層が上毛と下毛の2層になっている犬種です。北国原産の犬種はこの傾向にあります。寒さに弱いのが、毛が短く、毛が1層の南国原産の犬種です。また、室内で飼っている犬は体温調節がうまくできず、寒さに弱くなっている可能性があります。人と同じで、子犬や老犬、病気中の犬も寒さには気を付けてあげましょう!!

犬が寒がっている時

  • ブルブルと震えている
  • 水を飲む量が減っている
  • 背中を丸め、手足をくっつけ丸くなって寝ている

犬が寒がっているようでしたら室内飼いの場合は、ゲージに毛布を増やしたり、外気によって冷えやすい壁との間に隙間を開けたりと、冷たい壁や床から遠ざけてあげましょう。

冬でもお散歩は大切ですが、そのままお出かけは冷たいアスファルトや北風にさらされ風邪を引いてしまうかもしれません。暖かい時間帯を選び、犬用の服を着せてあげれば急激な温度変化から身を守ることができます。

お散歩から疲れて帰ってきたら、大事なのはゆっくり眠れる場所でしょう。

<ドッグベッド「ファルシー」>カバー:モカ

【サイズ】円直径約60cm×高さ約20cm

【中綿素材】ウール100%

カバー

  • トリコロール 綿100%
  • ミルキーバニラ アクリル100%
  • モカ 表地 毛100%  裏地 ポリエステル100%

【日本製】

【販売価格】16,200円(税込)

【送料無料】

人の寝具にも使っているウールを使っていますので、大事なペットにも安心してご利用いただけます。カバーは3種類からお好みをお選びください。中材を取り出せば、カバーはお洗濯いただけます。

ふんわりとした使い心地と、ほどよい高さが大好評のペットクッションです。

Follow me!

ペットの防寒対策” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。