赤ちゃんの睡眠と、恐ろしい窒息事故

消費者庁からの発表によると、平成22~26年までの5年間で、0歳児の就寝時窒息死事故が160件が確認されました。

不慮の事故死502件のうち、誤飲などを含めた8割が窒息によるものです。この窒息死の中でも1番多かったのが睡眠時の窒息で、全体の事故死の32%を占めています。

原因として多かったのが

  1. 顔がマットレスなどに埋まる
  2. 掛けふとんなどの寝具が顔をおおう・首に巻きつく
  3. ベッドと壁の隙間などにはさまれる
  4. ベッドからの転落に起因する窒息
  5. 家族の身体の一部で圧迫される
  6. ベッドの上の衣類やクッションで顔をおおわれる

です。

大人用のマットレスは体が沈み込んでしまうため、寝返りをしてうつ伏せになった時、頭を持ち上げることができません。また、大人用のふとんは赤ちゃんには重く、顔に掛かって息苦しくなっても自分で払いのけられません。寝具はベビーふとんを用意して寝かせましょう。

お子さまふとんセット

植物由来の繊維テンセル™を使用した、敏感肌のお子さまにも優しいおふとんです。寝具6点セットなので、これだけあれば通年でご使用いただけます。

【日本製】

【販売価格】39,960円

【送料無料】 

【ギフト包装無料】

消費者庁からは以下の注意喚起がなされています。

  • できるだけベビーベッドに寝かせ、転落しないように、柵は常に上げておきましょう。
  • 子ども用の軽い掛けふとんを使用し、敷きふとん・マットレス・枕は子ども用に固めのものを使用しましょう。
  • 寝ている子どもの顔の近くに、口や鼻をおおったり、首に巻き付いてしまったりするものは置かないようにしましょう。
  • 寝室には、子どもの頭や顔がはさまってしまう隙間をなくしましょう。
  • 1歳になるまではあお向けで寝かせましょう。
  • 添い寝したまま寝込んでしまい、子どもを体で圧迫してしまわないよう注意しましょう。

厚生労働省によると、あお向けに寝かせることで乳幼児突然死症候群(SIDS)の発生が低くなるというデータもあります。SIDSにより、平成27年には96名の赤ちゃんが亡くなっており、乳児期の死亡原因の第3位になります。大事な赤ちゃんのために、もう1度赤ちゃんの睡眠環境を見直してみてはいかがでしょうか。

Follow me!

赤ちゃんの睡眠と、恐ろしい窒息事故” に対して4件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。

次の記事

初恋の日