お盆の中日

お盆の中日は朝夕、精霊棚にお参りし、水の子やお供え物を取り替えます。

送り火でご先祖様の霊をお送りするまでご先祖様はとどまっていらっしゃいます。お参りとお供え物は続けましょう。

お盆にお供えするお団子は、

  • お迎え団子 … 迎え日にお供えする
  • お供え団子 … 中日にお供えする
  • 送り団子 … 送り日にお供えする

と3種類あります。

お供え団子はおはぎが一般的です。ゆっくり滞在してほしいという願いから、落ち着き団子と呼ぶ地域もあります。

お盆にお供えするお団子は、6個か13個とされています。これは、六道と13人の仏様からきています。六道とは、地獄、餓鬼、人間、天上、修羅、仏の世界を象徴する数ととされており、人が亡くなった時に供える枕団子も6個の為、選ばれるとされています。

13人の仏様とは、人が亡くなった際に天へ案内してくださる仏様のことです。

地域や宗派によってやり方は異なりますので、事前に調べておくとよいでしょう。

Follow me!

お盆の中日” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。