二十四節気「立秋」

8月7日は二十四節気の「立秋」です。

朝夕が涼しくなり、秋の気配が近づいてきます。暦の上では秋になりますが、まだまだ日中は暑い日が続きそうです。気温は夏のような暑さですが、段々と空の景色は秋めいてきます。

空が少しずつ高く感じらるようになり、小さな雲が連なって群れを作っているように見える秋の雲「巻積雲」が見られるようになります。いわし雲、うろこ雲も巻積雲の1種で、その違いは見た目だけなんだそうです。

季節のお便りを出すようでしたら、夏も過ぎたのに暑さが続くというということから、残暑見舞いになるので気をつけましょう。

Follow me!

二十四節気「立秋」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。