二十四節気「立冬」

11月8日は「立冬」です。

「立」には、新しい季節になるという意味があり、冬の始まりです。

「立春」「立夏」「立秋」に並び大きな季節の節目で、これらを「四立(しりゅう)」といいます。朝晩は冷え込み、日中の日差しも弱まってきて冬の到来を感じさせる時期です。木枯らしが吹き始めたりするこの季節、寒暖の差が激しく体調を崩しやすくもあります。寒い時間帯は1枚上着を用意するなどして、調節できる服装が良いかもしれません。

ふとんもそろそろ冬支度を考えますよね。

羽毛ふとんはまだ早いけど、肌掛けふとんだとちょっと寒いかな…とお悩みでしたら

こちらの掛けふとんはいかがでしょうか。

<メリノ掛けふとん>

丸三綿業はウールの品質にこだわりを持っています!!

2011年に羊毛の品質が認められ、「ふとん製造部門」で英国羊毛大賞を受賞しました。羊の中でも最高級といわれる、柔らかな風合いのメリノウールを贅沢に使用しました。他の品種に比べ繊維が細く、とても柔らかな触り心地です。通気性が良いため、イヤなムレ感がありません。

側生地は両面、綿スムース100%。品質保証のウールマーク付きです。

【サイズ】150cm×210cm(シングルロング(SL))

     190cm×210cm(ダブルロング(DL))

【詰めもの】ウール100%

【側生地】 綿(スムース)100%

【日本製】

【販売価格】SL34,560円

      DL50,760円

【送料無料】

ふっくら柔らかな掛け心地を、ぜひお試しください。

Follow me!

二十四節気「立冬」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。