二十四節気「霜降」

10月24日(土)は二十四節気の「霜降(そうこう)」です。

秋が一段と深まり、朝露が冷たくなり霜が見られるようになります。この季節に吹く強く冷たい風を「木枯らし」といいます。山は紅葉で彩られ、そろそろ冬支度を感じさせる季節です。早朝の冷えも厳しくなり始めたこの季節、そろそろふとんも暖かいものを用意しようか悩みますよね。

寝るときは暑いけど、朝は寒い…

そんな今の時期にこちらの肌掛けふとんはいかがでしょうか。

<メリノ肌掛けふとん>

丸三綿業は2011年に「ふとん製造部門」において英国羊毛大賞を受賞しています!!

品質保証のウールマーク付きです。メリノウールは羊の中でも最高級といわれています。他の品種に比べて繊維が細く、とても柔らかでふんわりとした軽さと、包み込まれるような暖かさがあります。厳しい冬には羽毛ふとんの中掛けとしても使えますので、1枚あると大変便利です。

【サイズ】150cm×210cm(シングルロング)

     190cm×210cm(ダブルロング)

【詰めもの】ウール100%

【側生地】綿(スムース)100%

【日本製】

【販売価格】シングルロング23,760円(税込)

      ダブルロング 28,080円(税込)

【送料無料】

これからの冬支度に、メリノ掛けふとん もご用意しました。

よろしければこちらのふとんもご覧ください。

Follow me!

二十四節気「霜降」” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。