国の睡眠指針 第5条…①

春になるとよく耳にする「春眠暁を覚えず」

中国の唐の時代の詩人・孟浩然によって詠われたもので、

「春の夜は心地よいので、夜明けに気づかず、眠り込んでしまいます」

この詩には続きがありますが、「春眠暁を覚えず」だけを訳すると上記のような内容になります。

「健康のための睡眠指針2014」

「睡眠12箇条」

第5条.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を。

  1. 必要な睡眠時間は人それぞれ
  2. 睡眠時間は加齢で徐々に短縮
  3. 年をとると朝方化 男性でより顕著
  4. 日中の眠気で困らない程度の自然な睡眠が一番

順番に

1.必要な睡眠時間は人それぞれ

からおはなししましょう。

解説から抜粋しますと、

日本の成人の睡眠時間は6時間以上8時間未満の人がおよそ6割を占め、これが標準的な睡眠時間と考えられます。睡眠時間は、日の長い季節では短くなり、日の短い季節では長くなるといった変化を示します。

という記載があります。

科学的根拠から抜粋しますと、

1日の睡眠時間については、日本の成人28,000人を対象にした横断研究において、7時間以上8時間未満が男性30.5%、女性29.9%、6時間以上7時間未満が男性28.6%、女性32.1%であり、6時間以上8時間未満の範囲に、およそ6割の者が該当するが、その一方で、6時間未満の者が男性12.9%、女性14.4%、8時間以上の者が男性28.1%、女性23.5%となっており、全体としては7時間前後をピークにした広い分布となっていることが示されている。

米国の大学生を対象にした研究では夏に比べて冬に約25分睡眠時間が長くなることが示されており、長くなる原因としては日長時間の短縮が考えられている。

という記載があります。

レム睡眠、ノンレム睡眠の睡眠周期には個人差があります。また睡眠周期は常に一定ではなく、寝る前の環境や、飲酒などの行動に左右されます。そのため、必要な睡眠時間にも差があります。十分な睡眠時間が確保できるようにし、規則正しい時間に起きる習慣づけが重要になります。

出典:厚生労働省ホームページ「健康づくりのための睡眠指針2014」

詳細は、厚生労働省ホームページをご覧ください。

Follow me!

国の睡眠指針 第5条…①” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。