肌ざわりとモイストコントロールに着目した「Rebreana -リブレナ-」
80年の歴史

丸三綿業は1938年に群馬県で創業しました。

よりよい寝具をお客様へお届けするために、1989年に敷地内に足利大学睡眠科学研究センター高崎研究所を併設。

天然繊維の素材にこだわり、寝心地や暖かさを科学的に分析し、本当に”よい物”だといえる寝具だけを提供してきました。

丸三綿業株式会社は株式会社ディーブレスへと事業承継をいたしました。

新・丸三綿業としての最初に作り上げた寝具ブランドが

“Rebreana〈リブレナ〉”です。

受け継いできた職人の技術力と、企画者の思いを注ぎ込み、豊かな眠りを実現する逸品に仕上がりました。

群馬県の「ものづくり」

群馬県は文明開化以来、製造業の割合が高く、「ものづくり」産業が盛んです。

自動車工業、食品、繊維、伝統工芸など生活に密着したものから、地域に根付いた文化などその種類は多岐にわたります。

丸三綿業は「繊維品・衣類、寝具」部門で

高崎市で唯一選ばれた企業。

群馬県の繊維工業が盛んな理由のひとつに養蚕があります。
古くは農業の副業として始まった生糸の生産は、明治以降、富岡製糸場をはじめとした近代化を牽引していくことになりました。県内ものづくり産業の発展のため、群馬県ではこれを支えている県内製造業の優れた独自技術を「1社1技術」として選定しています。2000年度から始まったこの活動は、企業の技術向上を目的としています。
登録された企業は1294社。平成2010年に製造事業所数の約2割に相当する選定を行ったため、現在は新規選定をしていません。丸三綿業は「繊維品・衣服、寝具」部門で選ばれた16社のうちの1社です。
2004年に「布団及びその製造方法」、2010年に「シルクわたの製造方法及びシルクわた」の技術が認められ、選出されました。「繊維品・衣類、寝具」部門では高崎市で唯一選ばれた企業になります。

manufacturing members

marusan

中わた

MARUSAN

中わた 

Marusan

加工

marusan

加工

MARUSAN

加工 

Marusan

裁断

群馬県の水

群馬県は自然豊かな内陸県です。

県の西部から北部にかけて山岳が連なり、県南東部に関東平野があります。

水の豊かな群馬県は利根川を始め、各河川が葉脈のように県下全域に張り巡らされており、利根川水系が県土の99%を形成しています。

一級河川の本数は428にも上り、その総延長は2,937,429.5mにもなります。

出典:群馬県ホームページ

緩速ろ過方式による
2つの浄水場

水の豊かな群馬県の中でも、特に水が綺麗で美味しいのが高崎市です。その理由は2つの浄水場(剣崎浄水場、若田浄水場)にあります。取水は高崎市上里見町の春日堰から取り入れた利根川水系烏川の水です。

烏川は群馬、長野の県境にそびえる鼻曲山に発し、榛名山の西と碓井丘陵の東の斜面境を東南方向に流れ、平野部に入ってから碓氷川(うすい)、鏑川(かぶら)、神流川(かんな)の西毛の三大河川を合わせて利根川に合流します。

現代の浄水場は薬品を使い、短い時間で水を綺麗にする急速ろ過方式が主流としています。しかし、高崎市にある剣崎浄水場、若田浄水場は、なだらかな傾斜を利用した緩速ろ過方式を採用しています。取水した水が何層もの砂利層をゆっくり通過し、微生物群や藻の働きで不純物を分解するため、動力費がかからないエコな施設です。薬品を使わず約20時間かけてきれいな水にしているため、非常に良質な水を作り出すことができます。

上質な水

剣崎浄水場の水のおいしさに惹かれたビール会社が戦後、高崎に進出しました。東京オリンピックの64年、西側に同じ方式の若田浄水場が造られ、飲料や医薬品メーカーの立地を促進したといいます。この飲料水としても上質な水を使ってわたを加工し、高品質の製品を作り出しています。

1000年以上続く織物産地
山梨県で生まれる

山梨県の織物が初めて書物に登場したのは、約1000年前の平安時代。
「延喜式(えんぎしき)」(967年)という当時の法律を定めた書物に「甲斐(山梨)の国は布を納めるように」という意味の文章がみられます。

山梨県の中でも特に織物が栄えたのが富士吉田、西桂一帯です。東西に河口湖、山中湖があり、南に富士山がそびえています。

富士山に降った雨が地下水になり、沸き出てくる水が桂川に流れ、水の通り道に沿って織物産業が発展しています。さらに、自然の恵みである軟水は余分な成分が少なく、糸を染色するのに適しています。糸から染色し、織られた布は深みのある色合いと、色落ちしにくいという特長があります。

山梨の織物で特に有名なものが【甲斐布(かいき)】です。
天然繊維の中で最も細く長い絹糸は、きめ細かく上質な質感の最高級絹織物となります。しかし、織物の糸は細ければ細いほど扱いが難しいものです。
山梨県は昔からの織物技術を受け継ぎ、細い絹糸はもちろんのこと、織ることが難しい糸の扱いにも長けた織物産地として発展しています。
細いタテ糸とヨコ糸を多く使うことで、鮮明な色と柄を生み出しています。
継承された知恵と技術により、数千本から多いものでは一万本以上のタテ糸を使っています。プリント生地では表現できない、山梨ハタオリ産地だからこそ生み出すことのできる色柄の立体感と高級感のある織物に仕上がるのです。

生地の種類

生地 >> 織物

経(タテ)糸と緯(ヨコ)糸を交差させて織り上げていきます。糸の目がぎゅっと詰まっているためハリがあり、丈夫です。糸の種類や太さ、組織の組み方、織り方の密度、用途に応じて多種多様な織物があります。衣類、寝具、敷物など織物は生活に不可欠な品物となっています。糸を先に染めてから織る先染物と、白生地織物を染色する後染物があります。日本の織物は先染物から発達し、後に染色の文化が発達しました。例として、一般的なワイシャツは織物です。

生地 >> 織物 >> 平織

タテ糸とヨコ糸が交互に交差する最も単純な製法で、代表的な織物の織り方です。表裏の生地が同じ織り方になります。ぎゅっと目が詰まっており摩擦に強く丈夫ですが、厚手のものには向きません。

生地 >> 織物 >> 綾織

ツイルとも呼ばれています。タテ糸が複数のヨコ糸をまたいで、交差するよう織り上げていきます。タテ糸とヨコ糸の交差するポイントが徐々にずれていくことから、表面には斜めに入った線が見えるようになります。生地に柔軟性があり、柔らかな肌触りになります。

生地 >> 織物 >> 繻子織

タテ糸、ヨコ糸ともに5本ずつで織られています。表面にはタテ糸、またはヨコ糸のどちらかしかほぼ出てきません。代表的な生地にサテンが挙げられます。

生地 >> 織物 >> 繻子織 >> ジャカード

フランス人の発明家ジャカールが考案したジャカード織機で織り上げられた織物です。複雑な紋様や、同じ柄を何度も織ることができます。ジャカード織機が発明される迄、複雑な紋様は複数人でタテ糸を持ちあげ、もう一方からヨコ糸を通していくという手間と時間のかかる作業でした。ジャカード織は先染糸を使用することが多く、糸の種類と織り方によってデザインを作り出すため、洗濯をした時などに生地の色落ちがほとんどありません。きめ細やかに織られるため、肉厚で光沢があり独特の高級感があります。糸の素材によって異なる風合いが楽しめ、凹凸を出すことができるのも特長です。

 

生地 >> 編物

ニット(メリヤス)とも言います。ループ状にした糸(編み目)に、糸を引っ掛けて編み上げていきます。タテ方向に編んだものを経編(タテアミ)といいレースなどがこれにあたります。ヨコ方向に編んだものは緯編(ヨコアミ)と丸編があり、緯編はセーターなど、丸編は靴下などに採用されています。伸縮性が高く、肌に柔らかくフィットし、保温性に優れています。



肌ざわりと
モイストコントロールに着目した
「Rebreana -リブレナ-」
身体が本能で求める快適さをコンディショニング。
一年中ずっと快適なオールインワン寝具。
Main Color

グリーン
C90 M60 Y75 K30

R0 G75 B70
PANTONE solid coated 3305C

ライトブラウン
C25 M42 Y75 K0

R205 G160 B83
PANTONE solid coated 7407C

Sub Color