日差しが強くなってきました。熱中症の対策と予防

熱中症は環境に身体がついてこれなくなることで起こる体調不良の総称です。

屋外にいて日差しを浴びている方はもちろん、屋内にいる人でも熱中症になる可能性はあります。熱中症に特に気をつけなくてはいけないのが、乳幼児とご高齢の方です。乳幼児は体温調節が未発達のため、汗をうまくかくことができず、熱中症になりやすい傾向にあります。また、熱のこもったアスファルトに大人より近くなるため感じる暑さは大人よりも強くなっています。ご高齢の方は暑さに鈍くなっていることがあります。汗をかかないためうまく体温を下げることができず、熱中症になってしまうため、自覚症状がなくてもこまめに水分補給をするよう心がけましょう。

熱中症の初期症状として現れるのが、

  • めまい
  • 腹痛
  • 顔のほてり
  • 筋肉痛や筋肉のけいれん
  • 発汗の異常
  • だるさ
  • 喉の渇き

などがあります。

熱中症になってしまった場合はすぐに応急処置を行いましょう。

  • 涼しい場所へ移動する
  • 身体を冷やす。首筋やわき、足の付け根を保冷剤などで冷やすとより効果的です。
  • 水分、塩分を補給する。意識が混濁している場合、嘔吐の症状がある場合は無理に飲むのはやめましょう。

熱中症が重篤化すると大変危険です。

自己判断せずに医療機関を受診するか、救急車を呼びましょう。

高温多湿の日は、汗をかいても蒸発しにくく、体温が下がりにくくなってしまい熱中症になりやすいです。喉が渇く前に水分補給を行うようにしましょう。屋内にいても熱中症になることはあります。クーラーや扇風機を使い、部屋の温度と湿度を適温に保ちましょう。衣類や寝具は通気性が良く、吸湿、発散するものがおすすめです。特に麻は清涼感があり、通気性、吸湿、発散性が良いため、日本の夏にはぴったりの素材です。外出時は直射日光を避け、帽子や日傘を使用しましょう。

麻の寝具をお探しでしたら、丸三綿業オンラインストアをご利用ください。

ただいま夏のCLEARANCE SALEを開催中です。

快適な睡眠環境で、夏もぐっすり質の良い睡眠をおたのしみください。

Follow me!

日差しが強くなってきました。熱中症の対策と予防” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。