冬の布団のしまい方 正しい収納で長持ちさせましょう!

夜の気温も暖かくなり、そろそろ寝具の衣替えを考える頃です。

寝具を正しくしまうことで、長持ちさせましょう。寝具に共通しているのは、湿気は大敵!!カビやダニの温床になってしまいますので、押入れにしまう前に干してしっかりと乾燥させるようにしましょう。雨の降った次の日は湿度が高く、十分に乾燥できないこともあります。ふとんを干すのは湿度の低い、午前10時~午後2時頃がオススメです。ふとん叩き等で叩きますと、側地や中綿を傷めてしまう可能性があります。ホコリの気になる方はふとん掃除機を使うと良いでしょう。

押入れに収納するときは、湿気がこもらないようにすのこを敷くなど通気性を保つようにしましょう。壁と床の両方に隙間が空いていると好ましいです。しまいっぱなしにはせず、押入れの扉を開けておいて喚起をしたり、時々干すなどして乾燥させるようにしましょう。ウールなど天然繊維のおふとんの場合は、防虫剤も使用しましょう。

寝具は使い方、メンテナンスの仕方によって寿命がかわります。大事に使ってあげればそれだけ長持ちしますので、良い寝具で良い眠りをお楽しみください。

使っていて

  • ホコリが出やすくなった
  • 寝ていて腰など身体が痛くなる
  • 底冷えが感じられる

など寝具の不調が感じられるようでしたら、寿命がきているかもしれません。

打ち直しか買い替えを検討してみましょう。

Follow me!

冬の布団のしまい方 正しい収納で長持ちさせましょう!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。