お盆の準備をしましょう!

お盆とは、ご先祖様の霊を祀る行事です。

月遅れの8月に行われている地域が多いです。8月13日が「迎え火」でご先祖様の霊をお迎えし、8月16日の「送り火」でお送りします。

お盆を迎えるにあたり準備しておきたいのが、

  • お墓、お仏壇のお掃除
  • お飾りの組み立て
  • お供え

です。

新盆の場合は供養の流れや、準備するものが変わってきますので注意が必要です。地域や宗派によっても異なりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

一般的に用意される飾りは、

精霊棚・盆棚

精霊棚はお盆の時にだけ用いされる祭壇のようなものです。お盆の間、ご位牌はお仏壇から取り出し、お仏壇の扉は閉めてその前に飾りつけを行います。

盆花

精霊棚の網に逆さに吊るす花です。花立てに飾るだけの地域もあります。

きゅうりの馬、なすの牛

馬に乗って少しでも早くお越しください、帰りは牛に乗ってゆっくりお帰りくださいという気持ちが込められています。

盆提灯

白い提灯は新盆用です。カラフルなものは、翌年以降も使います。

お盆は用意するものがたくさんありますね。気持ちよくご先祖様をお迎えできるよう、早めの準備を心がけると良いかもしれません。

Follow me!

お盆の準備をしましょう!” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。